Array


ここのところまったく曲を作っていないのだが、 昔の作品をぼちぼち、上げていこうと思う。 が、自分でも意外なくらい音源が残っていない。

実は音楽関係で多少稼いでいた時期もあった関係で、 ネットで作品を公開するのは初めて。

まあいいかな、と思った方、仕事振ってください (ちなみに結構仕事は遅いです)。


Zodiac (1995年)

HDD MTR (VS-8) を買ってうれしかったこの頃。 確か作品集のタイトルは、音楽を作り始めて12年目だからだったと思う。

いじり倒して結局、デモテープクオリティから抜け出せずに 終了にしてしまった作品集。 M-2. とM-4. を除いて、制作の3カ月ほどで書き下ろした。

基本的にほとんど打ち込みの電子楽器だが、 bs.、perc.、drs.は生楽器を併用している。 ドラマーとして唯一まともに(いやまともじゃないけど)演奏できる楽器が ドラムなのに、生録音しようとすると一番エンジニアリングが難しい。 音楽制作と音楽演奏は別ぢゃ。 という葛藤の末、リズムセクションは数値入力、エレドラ打ち込み、 サンプリングループ、生録音をごちゃごちゃ併用している。

あと全部電子楽器だと気持ち悪くならないので、 すべてキーが、入力しやすい (というか相対音感人間なのでアレンジ時に唄いやすい)、 C (Am)なのが、今聴くと面白い。

2006年2月
(c) 1989-1995 by SASAKI Taroh, all rights reserved.
※ 高ビットレートのMP3しかなかったので、でかいです。 ダウンロードしてお楽しみ下さい。

ライナーノーツ


Ten Years (1993年ごろ)

これは結局、まとまらなかったアルバム。 いくつかは生音源を足して次の Zodiac に収録した (Zodiac M-2.、M-4.) し、M-1.、 M-7.、M-10.、M-13. などは音楽を作り始めた頃の作品の採録。

環境は、YAMAHA QY700という音源つきスタンドアロンMIDIシーケンサ と、外部音源としてRolandの何か(失念)、あとYAMAHAの MT8Xというのを使用していた。QY700は不揮発性メモリだが、 記憶媒体がフロッピーディスクというのが時代だ。 MT8Xはなんとカセットで8トラックのMTRで、 8-8-4くらいのでかいコンソールがついていたので、 しばらくミキサがわりにも重宝していた。

その他にQY10というVHSカセットサイズのシーケンサ (持ち歩いてZodiac M-6.なども作曲している)、 YAMAHAのエレドラDTXやRolandのパーカッションパッドSPD-8を打ち込みにも利用 していたりする。『松島』(生バージョン・ここでは非採録) はデジタルのマルチエフェクタが面白くて活用してみたいと思って 録音した覚えがある。

なおこの頃まで、作曲を始めた1985年(大学入学時) に買ったYAMAHAのMSXミュージックコンピュータというのを持っていたので、 最後にQY700を購入してデータを移動した覚えがある。 データの移動といってもフォーマットに互換性があるとかではなくて (そもそもMSXの記録メディアはクィックドライブとかいうとんでもない フロッピーもどきであった)、 1トラックずつ、受け側で録音、送り側で再生にしてMIDIでダビング しただけである。こうやって10年も前のデータが再記録できたので、 ビバMIDI、という感じであった(確かこれ以降はSMF形式で保存してある)。

そういった過程を経ているため、1985〜89年頃のデータをそのまま利用、 あるいはリアレンジした作品は、なんとなくテンポが『息つぎ』している。 クロック4MHzのZ80(!)では低解像度画面を書き換えながらのMIDIデータの再生も 重かったため、音符が密集しているところではシーケンサがモタるのだ(笑)。 もちろん同期ダビング中は要所要所にMIDIシンク信号が入るが、その間は 受け側で測定したクロック間隔を中割りして符割を決めている。そのため なんとなく息つぎするのだ。今では考えられない、 人間臭いというか可愛い仕様である。

なおここでは制作した全曲は採録していない。 それから下のトラック番号は取り急ぎ作った(最近発掘した)CDの曲順で、 実はアルバム2つぶんに分けることを想定していた覚えがある。 M-1.〜M-7.まではそれまでの小品集で、``Ten Years''として まとめようと思ったのはM-8.〜M-12.だったと思う。 ちょっと完成度的に恥ずかしいもの(採録曲も十分恥ずかしいが)、 後のアルバムでより完成したバージョンを再録したものは省略している。 また完成度を高めて別バージョンをそのうち世の中に出そうと目論んでいるものも ある。

2006年5月
(c) 1985-1995 by SASAKI Taroh, all rights reserved.

ライナーノーツ


Powered by ay.nu.
(c) copyright 1995-2006
by taroh@taroh.org,
all rights reserved.